鏡を傷つけないようにすること

ずっと掃除をしないまま放置していると、目立つ汚れがたくさん付着します。 すると掃除する気力も失せるでしょう。 こまめに掃除していれば、汚くなることを回避できます。 仮に汚れても、簡単な掃除だけで綺麗になるでしょう。 最初は水で濡らした雑巾で拭いて、最後に乾拭きをしてください。

大きな汚れがつかないようにする

最初に、水拭きをしてください。
すると汚れを落とすことができます。
まだ汚れて間もないぐらいだったら、洗剤などを使わなくても綺麗に落ちます。
水で濡らした雑巾で、鏡を丁寧に拭いてください。
それだけで、終わりにしてはいけません。
水拭きだけでは、水垢が残ってしまいます。
水垢を回避するためには、乾拭きが欠かせません。
乾いた雑巾で、水気を取るように拭きましょう。
すると綺麗になります。
定期的に掃除していれば、大きな汚れが付着することはないでしょう。

汚れがついた状態をしばらく放置していると、水拭きだけでは落とすことができません。
洗剤を使ってください。
キッチン用の洗剤でも構いませんが、鏡用の洗剤の方が綺麗に汚れを落とせると思います。
鏡を掃除するなら、きちんと専用の洗剤を購入してください。
科学洗剤を使うことに抵抗を感じている人は、代わりに重曹を使うのが良い方法です。
粉末状の重曹が販売されているので、水に溶かして使ってください。

掃除した後は、クエン酸を薄めた水を鏡に吹き付けて、乾いた雑巾で拭いてください。
するとこれから汚れが付着しないように、予防できます。
クエン酸も、重曹と同じで天然の洗剤なので、人間の身体に悪影響を与えることはありません。
小さい子供がいる家庭でも、安心して使用できます。
実はミカンの皮にもクエン酸が含まれているので、掃除に使ってください。
クエン酸を買わなくても、掃除ができるのでお得ですね。

大きな汚れを落とすために

こびりついた汚れは、残念ですが水拭きだけで落とすことはできません。 洗剤を使って、拭いてください。 洗剤を鏡全体に吹き付けて、優しく擦りましょう。 鏡専用の洗剤や、重曹を使うと良いですね。 重曹も洗剤と同じような効果を発揮できるので、スムーズに掃除できます。

汚れが付着しないように予防する

掃除する時間をなかなか確保できない人は、これから汚れが付着しないように予防するのが良い方法です。 そのためにおすすめなのはクエン酸なので、鏡を掃除する際は用意しておきましょう。 クエン酸を吹きかければ、殺菌できるので雑菌が繁殖することを抑えられます。

▲ TOPへ戻る