>

鏡を傷つけないようにすること

それほど汚れていない時

鏡の汚れがひどくない時は、水拭きをすれば綺麗になります。
水で濡らした雑巾で、鏡を優しく拭いてください。
この時は、優しく拭くということがポイントです。
力を入れて擦ると、鏡が傷ついてしまいます。
傷ついたら自分で修理できませんし、そこから雑菌が入り込んで、さらに鏡は汚くなるかもしれません。

そもそもヒビが入っている鏡は、いつ割れるか分からないので非常に危険です。
もし掃除して鏡が割れたら、すぐ交換した方が良いでしょう。
交換するのも費用が必要なので、余計な出費になります。
そんなことが起こらないように、軽い力で優しく拭きましょう。
強く擦らなくても、汚れは落ちます。
力加減に気をつけて、定期的に鏡を掃除してください。

水拭きした後は乾拭き

水拭きして、そのままにしないでください。
水気が残っていると、水垢になってしまう可能性があります。
最後は乾いた雑巾で拭いて、鏡の掃除が終了します、
ですから雑巾は、2枚用意してください。
簡単な掃除なので、時間が掛かりません。
時間を見つけて、鏡を掃除してください。

洗面所は、手や顔を洗っているついでに洗っても良いですね。
お風呂にも鏡があると思いますが、お風呂に入りながら洗うと、掃除の時間を確保しなくても良いので継続しやすいです。
時々洗うのではなく、毎日洗う意識を持ってください。
こまめに掃除していれば、汚れはこびりつかないので、綺麗な状態をずっと維持できます。
鏡が汚れていると見えないので、役割を果たせません。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る